お湯が出るウォーターサーバーは便利

現在多くのメーカーで扱われているウォーターサーバーは、ほとんどが水とお湯の両方を使える機能が付いています。


1台のサーバーがあれば、6~10度の冷水と80~90度の温水を両方利用することができます。



冷たい水が飲みたい、温かいカップスープを作りたい、というような場合にどちらもいっぺんに用意することができます。



温冷両方の水が出てくるウォーターサーバーは、衛生面の安全性が高いものが多いのでサーバーの衛生面が気になる人でも安心して使うことができます。
赤ちゃんがいる家庭では特にお湯が使えるメリットは大きいです。

母乳ではなくミルクで育てているという場合には、ミルクを作るためにいちいちお湯を沸かして冷ましてという作業が必要になります。
赤ちゃんはお腹をすかせて泣いているし、早く準備しないといけないし、という状態では全く休む暇がありません。

この忙しさを軽減するのに、ウォーターサーバーが一役買ってくれます。



ミルク作りに適温のお湯がすぐに出てくるので、サッとミルクを準備することができます。
赤ちゃんを待たせる時間が少なくなります。


また、母乳で育てている母親にとっても、ウォーターサーバーの水は健康的でオススメです。

綺麗で質の高い水を飲むことで、母乳の出と質を良くすることができます。

赤ちゃんのミルク作りに適しているのは、ミネラル分が少ない軟水です。

ほんとどのウォーターサーバーは軟水ですが、その中でもできるだけ硬度の低いものを選ぶようにしましょう。